トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

藤木一郎

Author:藤木一郎
御訪問ありがとうございます!
日常系独り言ブログです。
日々の出来事や感じた事、
不定期ではありますが
更新していきます。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

カテゴリ

リンク

おすすめ記事

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

夕日が沈む時間はどのくらい?

yuyake (400x259)
みなさん、こんにちは(^^)

昨日今日と、天気が良く過ごしやすいですね。

昨日も、自転車で散歩して その帰り、

久しぶりにキレイな夕日を見る事ができて良かったです。

夕日と言えば 昔、クラブの顧問の先生に言われた

とても印象に残ってる言葉がありまして。



部活動終わりの、後片付けをしている時に

急に「藤木、あの夕日を見ろ」

見ると、ちょうど山の稜線に夕日がかかり

日の入りが始まった所でした、



この先生、その年の新任の先生で

体育担当の若い、熱血先生でした(^^ゞ

「教師物のドラマに憧れの強い、暑苦しい先生」と

あまり嬉しくない覚えられ方をされ

生徒からも好き・嫌いがハッキリ別れる先生でした。

私は嫌いではありませんでしたが(^^ゞ

で、また始まったか、というか

今日はどんな話なんだろ?と後片付けの手を止めて



「夕日が完全に沈むまでどれぐらいかかると思う?」

私は「えっ!」と質問の意図が判らぬまま

しどろもどろ し、「え~、どのぐらいかな~?」

と考えてると、「まぁ、見ててみな」と

一緒になって見てた訳です。



すると夕日は みるみる沈んでいき

あっと言う間に夕日が沈みきってしまいました。

「時間は待ってくれないし、時間が経つのは

あっと言う間。毎日の時間を大切にしろよ」

だって(^^)



その時の先生の顔が、赤く見えたのは

夕日のせいだけではなかったと 今でも思う今日この頃m(__)m




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ゲームランキング

おもちゃ趣味

生活家電

つかれいやすこりほぐす

趣味実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。